一番最初にパキポディウム属に分類された種類であるバロニー。

1907年にパキポディウム属として記載されているそうです。

棘のある茶褐色の肌が特徴で、生育期には光沢のある大きな葉を付けます。

成長すると根本に膨らみが出てとっくりの様な形状になっていきます。

バロニーの名はマダガスカルで活動していた植物学者リチャード・バロン氏に因んだ名前、

稀少な品種ですが、こちらは種から育成された実生(みしょう)の株になります。

 

※撮影日 2021年1月23日

 

サイズ(鉢と葉は含まず)

高さ:11㎝

幅:4㎝

塊根の太さ:2.5㎝

 

 

 

パキポディウム バロニー #04

¥4,500価格
  • 商品には別途消費税が加算されます。

  • 1回のお買い物につき別途配送料1100円(税込)がかかります。

    ※2点以上の商品をまとめてご購入頂いた場合の配送料も1100円(税込)となります。

  • 発送時の季節による落葉や、成長により写真と若干異なる場合もございます。

  • コンビニ決済でお支払いの場合はご入金が完了した時点で、ご購入手続きが完了となります。