コーデックスの中でも人気の高いパキポディウム属の代表種ともいえるグラキリス。塊根部分に丸みのあるものが多く現在、最も人気のある塊根植物といっても過言ではありません。

グラキリスはラテン語で「細い葉」を意味し、日本ではその肌の色から象牙宮とも呼ばれています。

 

※発根済み

画像更新日 2020年9月26日

 

 

サイズ(鉢と葉は含まず)

高さ:10㎝

幅:8㎝

塊根の太さ:7㎝

 

 

パキポディウム グラキリス #G21

¥20,000価格