南米チリのアタカマ砂漠原産の固有種であるコピアポア属のサボテン。もともとはエキノカクタス属に分類されていたそうですが、その後新たな分類が行われ現在のコピアポア属として

分離されています。こちらのフィードレリアナは、コピアポア属に多く見られる黒棘のサボテンですが、先端部分の新しい棘が黒いのに対して、古い棘は白く変化していくようです。

 

サイズ(鉢は含まず)

高さ:11㎝

幅:10㎝

 

 

コピアポア フィードレリアナ

¥8,800価格